エンジンフードダンパー装着
2006.7.9
エンジンフードを開けておくロッドをフードに留めておくプラスチックの部品がある日ポロッと欠けてしまいました。なんでも非常に高温になるMR2のエンジンルームではこのパーツは劣化が激しく同じように欠けてしまうことが多いらしいです。この小さなパーツを取り寄せればそれですむ事なんですが、前々からここをダンパーで開閉したいなと思っていたところだったので、実行に移すことにしました。

ちなみに欠けてしまったパーツは
ボンネットサポートロッドクランプ
53455-17040 110円 でした。
こちらが使用したダンパー。

日産CUBEのリヤハッチ用ダンパーです。
子たま仲間のinaさんから激安で譲って頂けたのでこれを使ってみました。
使用前に取り付け位置をどこにしようかといろいろ見た結果、結構良い位置が見つかったので、ダンパー側を加工します。
加工といっても取り付けボルト用の穴を1か所開けただけです。画像のステー部分は本来穴は2か所開いているのですが、真ん中に1つドリルで穴を開けました。穴開け後、錆止めでタッチペンで色を塗っています。たまたま赤しか持っていなかったためこんな感じの色になってしまいました。
そしてボディ側の加工です。
こちらも穴を1か所開けただけです。
画像の黄丸の部分に穴を開けています。
装着後の画像です。
エンジンフードのヒンジ取り付けボルトにダンパーのステー部分を共締めし、反対側をボディ側に開けた穴にナットで固定しました。
後付け感無く結構良い位置に付きました。なかなか便利で良いです。
inserted by FC2 system